友野一希「全体的に演技の流れも悪かった」82・43点で2位スタート げんさんサマーカップ

スポーツ報知
友野一希

◆フィギュアスケート ▽げんさんサマーカップ 第1日(11日・滋賀県立アイスアリーナ)

 男子ショートプログラム(SP)が行われ、四大陸選手権銀メダルの友野一希(上野芝スケートクラブ)は「ハッピー・ジャズ」を演じた。4回転―3回転の連続トウループは降りるも、4回転サルコーがミスになり、82・43点の2位発進となった。

 演技を振り返って、「正直ちょっと、試合に向けての練習はしっかり積めてない状態だった。それが出たかなと思う。スピンもジャンプも、全体的に演技の流れも悪かった」と反省を口にした。

 13日のフリーでは「こうもり序曲」を演じ、逆転優勝を狙う。「今季はSP、フリーとも、自分らしさが詰まった演技。自分らしい演技っていうのは、一番難しいと思っているので、しっかりそれをものにできるように、チャレンジしていけたらと思います」と意気込んだ。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×