【日本ハム】清宮幸太郎が負傷交代…新庄ビッグボス「ちょっと肩が」

スポーツ報知
10日の試合の走塁で西武・源田(右)と交錯していた清宮幸太郎(カメラ・頓所美代子)

◆パ・リーグ 日本ハム3×―2西武(11日・札幌ドーム)

 日本ハム・清宮幸太郎内野手が左肩を痛め、途中交代した。

 「4番・一塁」でスタメン出場していたが、6回の守備から交代。前夜には8回の攻撃で二塁へのスライディングの際に源田と交錯していた。新庄ビッグボスは「昨日の走塁でね。ちょっと肩が1打席目からおかしなスイングをしていたので。大振りさせないためにエンドランを仕掛けてもちょっと、ボールは高かったんですけどちょっとおかしそうだなと思ったのですぐ病院に行かせました」と説明した。

 加えて「試合前は大丈夫だったと思うんですけど、森君の打球(初回右翼線二塁打)で肩が上がって、ちょっとどこか痛いポイントに入ったのかなあと思って。嫌な予感はしていたんですけど、やっぱあの打球がね。たぶんですよ」と心配そうに語った。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×