【DeNA】連勝中にいきなりミス“2つ”で先制点を献上 暴投と“悪送球”

スポーツ報知

◆JERAセ・リーグ  DeNA―阪神(11日・横浜スタジアム)

 DeNAがミス“2つ”でいきなり先制点を献上した。

 先発の石田健大投手が1死から山本に左前安打、ロドリゲスに死球を与えて一、二塁のピンチを迎えた。ここで佐藤輝を投ゴロに打ち取り併殺を狙ったが、石田の二塁への送球が高くなり、遊撃・柴田がジャンプキャッチ。二塁はアウトになったが、今度は柴田の一塁への送球が高くなり、間に合わなかったため、一、三塁に走者が残った。

 次に打席に迎えた糸原のときに、石田が初球を暴投。連勝中で勢いに乗っているチームだが、ミスを発端にいきなり先制点を奪われた。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×