【日本ハム】新庄ビッグボス、「ボナファイド」を適用された清宮幸太郎の走塁に「必死ですからね」

スポーツ報知
10日の西武戦8回1死一、二塁、打者近藤の二ゴロで源田(右)と交錯、危険スライディングでアウトとなった一走・清宮幸太郎(左)

◆パ・リーグ 日本ハム―西武(11日・札幌ドーム)

 日本ハム・新庄剛志ビッグボスが前日10日の西武戦(札幌ドーム)で「ボナファイド(bona fide slide=正しいスライディング)ルール」を適用された清宮幸太郎内野手のスライディングについて、持論を語った。

 場面は同点の8回1死一、二塁。近藤の打球が二塁へのゴロとなると、スタートを切っていた清宮はスライディングで二塁へ。その瞬間に相手二塁手・外崎からボールを受けた遊撃手・源田と交錯した。リプレー検証後、判定がアウトになった上で、笠原球審は「ただいまのプレーで清宮選手はアウト。そして危険なスライディングとして、ボナファイドルールを適用して打者走者の近藤選手もアウトといたします」と説明した。

 ビッグボスは「ベースから足が越えてしまったらああいう審判の判断になる。危険なスライディングには思えなかったけど、そういうルールがあるのであれば、そうならないように練習してもらって」とし、「でも必死ですからね。セーフになりたいという気持ちが(ベースに)近くなるので。でもルール的にそうなら何も言えない。けがとかを考えてみんなでミーティングとかをやってつくったルールなので」と話した。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×