ジャッジが45号で65本ペース維持 打点は背番号と同じ99に

ヤンキースのアーロン・ジャッジ(ロイター)
ヤンキースのアーロン・ジャッジ(ロイター)
ヤンキースのアーロン・ジャッジ(ロイター)
ヤンキースのアーロン・ジャッジ(ロイター)

◆米大リーグ マリナーズ―ヤンキース(10日・シアトル=Tモバイル・パーク)

 ヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手が10日(日本時間11日)、敵地のマリナーズ戦に「2番・右翼」で先発出場し、1点リードの7回に2試合ぶりの45号ソロを左翼席にたたきこんだ。

 右腕マーフィーの初球のスライダーをたたくと、打球は初速105・0マイル(約168・9キロ)、飛距離412フィート(約126メートル)、角度は32度と放物線を描いて左翼二階席に飛びこんだ。

 チーム112試合で45本はシーズン65本ペースで、依然ア・リーグ記録更新(1961年ヤンキースのロジャー・マリスの61本)を抜くペース。

 打点も背番号と同じ99に到達。二冠独走中で打率も3割4厘となっている。

 7回にサンタナの11号2ランなどで3点を許しヤンキースは逆転負けした。

ヤンキースのアーロン・ジャッジ(ロイター)
ヤンキースのアーロン・ジャッジ(ロイター)
すべての写真を見る 2枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×