鈴木誠也が3打数無安打で2試合連続の10号はならず…チームは逆転勝ち

スポーツ報知
カブスの鈴木誠也(ロイター)

◆米大リーグ カブス4―2ナショナルズ(10日・シカゴ=リグレー・フィールド)

 カブスの鈴木誠也外野手が10日(日本時間11日)、本拠のナショナルズ戦に「4番・右翼」で先発出場し3打数無安打で、2試合連続の10号はならなかった。打率は2割4分9厘となった。

 前日は7月26日パイレーツ戦以来、11試合ぶりの9号を始め自身4度目の1試合3安打をマークしたが、この日は中飛、捕ゴロ、一飛、死球だった。

 試合はカブスが7回に4点を挙げて逆転勝ちした。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×