大谷翔平、ルース以来のダブル2ケタに「2つやっている人がいなかっただけ。もしかしたら普通の数字かも」

マウンド上で雄たけびをあげるエンゼルス・大谷(カメラ・泉 貫太)
マウンド上で雄たけびをあげるエンゼルス・大谷(カメラ・泉 貫太)

◆米大リーグ エンゼルス5―1アスレチックス(9日・オークランド・オークランドコロシアム)

 【オークランド(米カリフォルニア州)9日(日本時間10日)=ペン・安藤宏太、カメラ・泉貫太】エンゼルス・大谷翔平投手(28)が1918年のベーブ・ルース(Rソックス)以来104年ぶりの「2ケタ勝利&2ケタ本塁打」の偉業を達成した。敵地・アスレチックス戦に「2番・投手」で先発。6回4安打無失点の好投で、今季4度目の挑戦で自身初の10勝目を挙げた。7回には自ら大記録に花を添える25号ソロも放ち、日本人選手ではイチローを超えて単独2位となる通算118号に達した。

 ようやくたどり着いた。104年ぶりの金字塔にも、大谷は冷静だった。「光栄だけど、シーズン中に今の数字がどういう印象かは分からない。単純に(投打の)2つやっている人がいなかったというだけ。それが当たり前になれば、もしかしたら普通の数字かもしれない」。世紀を超えて歴史を動かしながら、淡々としていられるのがこの男らしい。

 6回91球無失点で、メジャー初の10勝目。1918年に13勝&11発のルース以来となる、ダブル2ケタだ。「いいピッチングをしていれば必ずチャンスはあるかなと思っていました」。昨季は9勝目から3戦勝ちなしでシーズンが終了した。今季も9勝目を挙げてから3連敗。ルースの壁にはね返され続けていたが、“7度目の正直”で決めた。

 アクシデントも乗り越えた。1点リードの3回2死一、三塁では、ラウレアーノの打球が左足内側付近に直撃。打球速度101・8マイル(163・8キロ)を受け「結構まともに当たっていたので、しんどいかなと思った」と降板も頭をよぎった。足を引きずり、同僚の肩も借りながら歩いた。ベンチ前を短くダッシュして、状態を確認した。走塁で痛みに顔をしかめながらも、役割を果たした。

試合後、取材を受ける大谷翔平(カメラ・泉 貫太)
試合後、取材を受ける大谷翔平(カメラ・泉 貫太)

 長い苦労があった。18年10月に右肘トミー・ジョン手術。19年は登板がなかった。投手復帰となった20年のキャンプでは「まだまだリハビリ。そういう心持ちでいいと思う」と、長期的な復帰プランを描いた。昨季も8月には「まだまだ体的には上にいける」と伸びしろを確信。そして今季は「不安なく腕が振れる状態で、野球を純粋に楽しめている」と、ようやく本来の投手・大谷に戻った。

 心技体、という。大谷が最も重要視するのは「体」だ。昨季からは極力、体の負担を減らせるように打撃練習などのルーチンを改良。右腕には常に体の負担などを数値化するバンドを巻き、ブルペンの投球練習でも一球一球、球速や回転数のデータを確認する。最新機器も生かして、自己管理してきた。

 目標がある。ひとつはポストシーズン出場。もうひとつは日本人選手では誰も果たしていない米の野球殿堂入りだ。23歳の若さで海を渡ったのは、殿堂も見据えてのこと。「ある程度年齢の低い状態からプレーして、自分のレベルを上げていきたい」と、長いスパンでキャリアを考えてきた。

 3回にこの日2つ目の三振を奪い、日米通算1000奪三振にも到達。昨季を1つ超えてメジャー最多の157Kとし、記録ラッシュの一日となった。「なるべく健康で、いい状態で最後まで投げきったり、試合に出るのが一番の目標。ちゃんと寝て、いい明日を迎えられるようにやりたい」。足元を見つめ、最後まで大谷らしい言葉を紡いだ。

 ◆大谷 翔平(おおたに・しょうへい)1994年7月5日、岩手・水沢市(現奥州市)生まれ。28歳。姉体小2年の時に水沢リトルで野球を始め、水沢南中では一関シニアに所属。花巻東高では1年春から4番で同秋からエース。3年夏に160キロを計測。12年ドラフト1位で日本ハム入りし、14年にプロ野球史上初の同一シーズンでの2ケタ本塁打と2ケタ勝利を達成。16年は投打で日本一に貢献してMVP。18年にエンゼルス入りし、21年にMVPに輝いた。193センチ、95キロ。右投左打。今季年俸550万ドル(約6億7000万円)。

 ◆ベーブ・ルース 1895年にボルティモアで生まれ、投手でキャリアをスタートさせた。1914年にメジャーデビューし、16年に防御率1.75でタイトル獲得。二刀流での活躍は18年と19年のRソックスでの2年。20年からヤンキースに移り、打者中心でプレーした。背番号3は永久欠番。通算成績は打者で2873安打の打率3割4分2厘、714本塁打で本塁打王12度。投手では94勝46敗4セーブ、防御率2.28。48年に53歳で死去。

マウンド上で雄たけびをあげるエンゼルス・大谷(カメラ・泉 貫太)
試合後、取材を受ける大谷翔平(カメラ・泉 貫太)
すべての写真を見る 2枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×