羽生結弦さん 理想のスケートを極める覚悟と、希望に満ちた始まり 高木記者が見た

スポーツ報知
練習する羽生結弦さん(カメラ・矢口 亨)

 フィギュアスケート男子で2014年ソチ、18年平昌五輪連覇の羽生結弦さん(27)が10日、地元のアイスリンク仙台で公開練習「SharePractice」を行い、プロスケーターとしての滑りを初披露した。新章のスタートは自身の公式YouTubeチャンネル「HANYU YUZURU」でもライブ配信され、10万人超が視聴した。

 「羽生結弦」が地元で、プロスケーターとしての新章をスタートした。報道陣は38社88人が集結。公開練習とは思えない雰囲気があった。7月19日の会見で「全力でやっているからこその緊張感みたいなものを、また味わってもらえるようなスケートを常にしたい」と話した通りの氷上の1時間だった。

 普段見ることができないウォーミングアップから公開した。陸上での3回転半ジャンプ。ジャンプ動作の確認。どれもが濃厚だった。「フィギュアスケートって華やかなイメージがあると思うんですけど、こんなに泥臭い、本当にもう必死にもがいて練習している姿があるんだなっていうのを見ていただきたいと思って」。午前11時50分すぎにアップを始めた直後、公式YouTubeチャンネルの視聴者は6万人を突破。あっという間に10万人を超えた。

 back numberの「水平線」「僕が今できることを」、Mrs.GREEN APPLEの「僕のこと」。これまで大事にしてきた曲を流しながら滑った。コロナ禍以降、仙台で深夜に一人で練習を続けてきた。孤独を感じることもあっただろう。歌詞に力をもらいながら闘ってきた絵が浮かんだ。

 18年平昌五輪のフリー「SEIMEI」を通しで演じた。鬼気迫るものがあった。1度目は4回転サルコーの回転が抜けた。2度目は4回転トウループを失敗。声を発し、悔しがった。3度目。4本の4回転を含む8本のジャンプを全て決めた。「平昌五輪のときと同じ構成の『SEIMEI』をノーミスするってことが今回の目標であって。あのときよりもうまいんだっていうことを証明したいみたいな、自分の中でそういう強い意志があった」

 17年世界選手権で逆転優勝を決めたフリー「ホープ&レガシー」では、試合では単発だった4回転ループに3回転トウループをつけた高難度の連続ジャンプを成功。「ポテンシャルとして、ここまであるぞってところは、ちょっと見せたかった」。前人未到のクワッドアクセルにも挑んだ。「絶対にクワッドアクセルを降りる姿を見ていただけるように、これからも死に物狂いで頑張っていきたい」と言った。一つ上のステージで、スケートを極めていくことへの覚悟を見た。

 年内のアイスショー開催という、ビッグプランが進んでいることも明かした。「これをやりたいな、あれやりたいなあっていうのは、ちょっとずつ決まってはきていて。また改めて告知させていただこうと思っているんで、まだ内緒です」。挑戦を続けるスケーターは、猛スピードで新たな道を歩んでいる。

 アイスリンク仙台は2011年の東日本大震災で被災した羽生さんが育ったリンク。原点の地で、また一歩踏み出した。「やっと今スタートラインに立って、これからさらにうまくなっていけるんだっていうふうに思えています」。世界中のファンと共有しつつ迎えた始まりは、希望に満ちたものだった。(高木 恵)

 ◆この日の羽生さん

 ▽午前11時29分 会場入り

 ▽同31分 公式YouTubeチャンネル「HANYU YUZURU」でライブ配信スタート

 ▽同52分 ウォーミングアップ開始

 ▽午後0時13分 視聴者数9万人突破

 ▽同23分 陸上でトリプルアクセルを跳ぶ

 ▽同28分 靴ひもを結ぶ

 ▽同30分 リンクの入り口で準備

 ▽同31分 「お願いします」とリンクに両手をついて、氷上練習開始

 ▽同32分 視聴者数10万人突破

 ▽同46分 「花になれ」の曲に合わせて踊る

 ▽同49分 「天と地と」の後半部分の曲を流し、4回転―3回転の連続トウループ、4回転トウループ―1オイラー―3回転サルコーを決める

 ▽同50分 「ホープ&レガシー」がかかる

 ▽同55分 「ホープ&レガシー」の曲の中で、4回転ループ―3回転トウループを降りる

 ▽午後1時 クワッドアクセルを跳ぶ

 ▽同8分 「SEIMEI」がかかる

 ▽同9分 1度目の「SEIMEI」曲かけは、4本目の4回転サルコーがミスに

 ▽同14分 2度目の「SEIMEI」曲かけは、5本目の4回転トウループが両足着氷になり「あ~、もう一回最初から」

 ▽同20分 3度目の「SEIMEI」の曲かけで、4回転4本含む全8本のジャンプを成功。フィニッシュし「ありがとうございました」

 ▽同27分 羽生さんが「チャット見たいです」とカメラの近くへ。「何かありますか? あと3分しかないけど」とリクエストを募るも、ファンからのコメントに時間差があり確認できず

 ▽同30分 会場に「何かあります?」と声をかけ、最後は「ホワイトレジェンド」を演じることに。「OK! 著作権の問題上、曲が使えないので、このままやりますけど、頭の中で流してください」とステップやスピンを披露。視聴者数は10万7000人を突破

 ▽同31分 リンクの真ん中で両手を広げ、一礼し「ありがとうございました」

 ▽同33分 リンクから上がり、一礼する

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×