羽生結弦さん、大谷翔平の偉業を祝福「大谷世代と呼ばれるような世代にいられて、本当に光栄」

スポーツ報知
公開練習で笑顔を見せた羽生結弦さん(カメラ・矢口 亨)

 フィギュアスケート男子で五輪2連覇の羽生結弦さんが10日、この日大リーグでベーブ・ルース以来104年ぶりとなる「2桁勝利・2桁本塁打」を達成したエンゼルス・大谷翔平の偉業をたたえた。この日、羽生さんは仙台市内で公開練習を行った後、取材に応じた。

 同じ1994年生まれ。2016年に、テレビ朝日の表彰で大谷と面識がある羽生さんは「今の時代ではあり得ないような偉業を達成されたと思います。本当におめでとうございます」と祝福した。自身がプロ転向を表明した際には、大谷も「応援しています」などと言及。羽生さんは「オールスターの取材の時に、わざわざ自分へのコメントを下さって本当にありがとうございました」と感謝した。

 それぞれの競技で世界のトップを走る2人。94年生まれのアスリートを、大谷が「羽生世代」と言えば、羽生さんも「僕は大谷世代」と謙遜し合う。この日も羽生さんは「僕なんか本当、足元にも及ばないですし、大谷世代と呼ばれるような世代にいられて本当に光栄です。これからも大谷さんらしく頑張っていただきたいなって思うのと、僕もやっとプロの舞台に上がれたので。僕自身も精一杯頑張って、大谷さんに追いつけるように頑張ります」と、プロスケーターとしての意気込みを語った。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×