大谷翔平、左足打球直撃で途中交代が頭よぎる「しんどいかなと思いましたけど…」続投で10勝目&25号

スポーツ報知
3回2死一、二塁、ローレアーノの打球を左足に受けながらも投ゴロに仕留めた大谷翔平(カメラ・泉 貫太)

◆米大リーグ エンゼルス5―1アスレチックス(9日・オークランド・オークランドコロシアム)

 エンゼルス・大谷翔平投手(28)が9日(日本時間10日)、敵地・アスレチックス戦に「2番・投手、指名打者」でスタメン出場。投げては6回4安打無失点、5奪三振の好投で自身メジャー初の10勝目(7敗)を挙げ、バットでもダメ押しの25号ソロを放った。

 ベーブ・ルースに並び、イチローを超えた。この日で10勝&25本塁打。「2ケタ勝利&2ケタ本塁打」は、1918年のベーブ・ルース以来104年ぶりの快挙だ。「2ケタ勝利&20本塁打以上」はベーブ・ルースもなしえなかった前代未聞の記録。昨季は9勝を挙げてから3試合白星なしでシーズンを終え、今季も9勝目から3登板3連敗を喫した。2年で6度足踏みした節目の1勝を“7度目の正直”でつかみ取った。さらにこの日の一発で、メジャー通算118本塁打。117本のイチローを抜いて、松井秀喜に次ぐ日本人歴代単独2位に浮上した。二刀流の本領を発揮した試合となった。

 3回2死一、三塁で、打球速度164キロの打球を左足内側付近に当てた。「結構まともに当たっていたので、しんどいかなと思いましたけど、何とか集中してなるべく多く投げられたかなと思います」。しばらくは動くことが出来ず、足を引きずりながらマウンドを降りた。頭には途中交代もよぎった。それでも試合出場を続けると、内野安打、本塁打を放ち、無失点に抑えると言うから驚きだ。

 患部の状態については「試合中は集中していたのでそんなに気にはならなかったですけど、ちょっと時間が経ったときの方が違和感はあるなという感じです」と明かした大谷。それでも「ちょっとアクシデントは多いですけど、なるべく出られる試合は出たいですし、投げたり打ったりなるべく多く出たいなと思っています」と意気込んでいた。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×