羽生結弦さん、約2時間の公開練習終了 プロ初滑りを最大10万人超が視聴「また、こういう形で半年に1回くらい…」

スポーツ報知
公開練習中に笑顔を浮かべる羽生結弦さん(カメラ・矢口 亨)

 プロ転向を表明したフィギュアスケート男子で2014年ソチ、18年平昌五輪連覇の羽生結弦さんが10日、仙台市内で練習を公開する「Share Practice」を行った。この練習は自身の公式YouTubeチャンネル「HANYU YUZURU」で生配信。11時30分から約2時間、最大約10万人の視聴者が見守った。

 羽生さんは、18年平昌五輪金プログラムの「SEIMEI」をかけ、3度目の曲かけでノーミスの演技を披露。練習後には「SEIMEIはオリンピックでの構成でやったんですけど、それでもノーミスできるんだって言うところを見せたいなと思っていたので。できてよかったなと思います」と、視聴者に語りかけた。

 公式練習の終盤には、配信のチャット欄に目を通し「何かリクエストはありますか?」と呼びかける場面も。突然の神対応にコメントが殺到した影響で、リクエストに応えることはかなわなかったが、「たくさんチャットもいただいて、ありがとうございました」。プロ転向後では初めてファンに演技を披露した羽生さんは「これからまたこういう形で、半年にいっぺんくらいしか出来ないと思うんですけど、それでもまた楽しみにして頂けたらうれしいです。これからもよろしくお願いします」と、画面の向こうに笑顔を届けた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×