【POG】祖母は独オークス馬 オランジー「軽い馬場の方が良さそう」青木調教師

スポーツ報知

 8月13日の新潟でデビュー予定のオランジー(牝2歳、美浦・青木孝文厩舎、父ドレフォン)は、8月10日に美浦・芝コースで追われ、68秒0―12秒2をマーク。ウインエルフリーデ(2歳新馬)と併入した。

 「本当に良くなるのは先だが、順調に良くなっている。カイバはしっかり食べるし、調教を重ねても体重が減らない。軽い馬場の方が良さそう」と青木孝文調教師は期待する。

 同馬の祖母は独オークス・G1を制したミスティックリップスで、母サトノオニキスはJRAで2勝している。

競馬

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×