【中日】立浪和義監督、高卒2年目・土田龍空の好守を絶賛「動きは非常にいい」

1回無死、吉川尚輝の遊飛を好捕する土田龍空(カメラ・相川 和寛)
1回無死、吉川尚輝の遊飛を好捕する土田龍空(カメラ・相川 和寛)

◆JERAセ・リーグ 中日3―2巨人(9日・バンテリンドーム)

 中日・立浪和義監督が、高卒2年目の土田龍空内野手の守備力を絶賛した。

 「8番・遊撃」で先発し、初回に吉川の打球を背走して左翼・レビーラの手前まで追っかけ好捕。5回には岡本和の中前に抜けそうな強烈な打球に飛び込み、一度はボールをこぼしたが、すかさず二塁に転送して併殺を完成させた。7勝目を挙げた先発・柳も「彼に助けられた」と感謝。

 5回の好守に、土田は「ボールを取りに必死にいったのでなんとかつかみたかった。その結果がダブルプレーになって良かった」とし、続けて「試合後には荒木コーチと守備位置のことやプレーを反省しています。その中で自分の感じたこと、考えたことを実戦でやっている」と明かした。

 成長著しい2年目の遊撃手に立浪監督も、「ずっと(試合に)出してますから、へばってくることも、打てないこともあったりするかもしれませんが、その中で、ここまでは非常に素晴らしいプレーしてくれている。(試合に)出ながら、打つ方も守備も走塁も、ちょっとずつレベルアップしてくれればいい。動きは非常にいい。もっと取ってから早く送球したり、そういったことも含めて、今のままで満足しないように成長して欲しい」と期待した。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×