互いにとって大きな存在 三原「さっとんが心の支えに」宮原さん「すごくいい刺激を受けていた」…三原舞依×宮原知子さん対談:後編

スポーツ報知
オンラインで対談で笑顔を見せる三原舞依(右)と宮原知子さん

 フィギュアスケート女子で18年平昌五輪4位の宮原知子さん(24)が、現役選手にインタビューする「知子のRink.Linkトーク」がスタート。第1回目は四大陸選手権優勝の三原舞依(22)=シスメックス=が登場し、2回に分けて連載する。第2弾の「下」では、それぞれへの思いや過去を振り返り、最後はお互いの未来へ、エールを送り合った。(取材・構成=高木恵、小林玲花、取材日2022年7月13日)

 ※ ※ ※ ※ ※ 

 ―大会や練習などで、時間をともにすることも多かった2人。お互いの目にはどう映っていた?

 三原「さっとんは本当に、ザ・真面目で、尊敬するところばかり。小さい頃からさっとんを見習って、練習も『もっともっと!』って感じでやってきたので、ずっと尊敬しています」

 宮原「ありがとうございます。舞依ちゃんは、自分を知っているというか。調整や練習の仕方とか、そのときの自分に合わせてうまく計画立てている。本当に自分の状態をよく分かって、競技に向けて準備しているなというのが毎回印象的で、それを見習おうと毎回思っていました」

 ―宮原さんは、アイスショーでのグループナンバーの振り付けを覚える際、いつも三原を頼りにしていると?

 宮原「そうです。だからいつも舞依ちゃんのちょっと後ろくらいにいるのがベストなんです(笑い)」

 三原「いろんな人にそれ結構言われるんですけど(笑い)。『覚えないと覚えないと~』って思ってやっているので。ちょっと後ろで見て一緒にやってもらえるのも、ちょっとうれしいですし(笑い)。そういう思いを知って、『間違えないようにしないとな』っていうちょっと緊張感もあります(笑い)」

 宮原さん「プレッシャー(笑い)」

 ―2019―20年シーズン、三原は一度休養を取り、再び競技会に戻ってきた。その時の思いは?

 宮原さん「一番はやっぱり、戻ってきてくれてうれしかった。いろんな困難を乗り越えて、またさらに強くなって戻ってきたんだろうなと思って。一緒に戦っていたので、すごくいい刺激を受けていました」

 ―復帰後、試合会場で宮原さんの姿を見ると安心できた?

 三原「ほんとにその通りで。さっとんに会えた喜びと、一緒に試合に行けたり、同じ練習の場に立てたり。自分の中でも久しぶりの状態ではあったので、緊張はあったんですけど、さっとんがいてくれているっていうのが、心の支えになったし、すごく心強かったです」

 ―最後は、新たな道へ進んでいくお互いにエールを。

 宮原さん「多分、シーズンが始まっちゃうとまた本当にあっという間だと思うんですけど、新しいプログラムも楽しみにしているので、舞依ちゃんらしく頑張ってください。テレビで応援しています!」

 三原「ありがとうございます!ファンタジーオンアイス(アイスショー)のときに、さっとんのまだお披露目していない新しいプログラムもちょっと見れたりしたので、すごいそれが楽しみ。本番でどんなさっとんの世界に引き込んでもらえるのかなって楽しみにしつつ、さっとんがこれから滑っていくプログラムの魅力もすごく楽しみです。でも体にはお気を付けて。さっとんの思い描く未来っていうのがすごく素敵なものになったらいいなと思っているので、応援しています。いつでも連絡をください!」

 宮原さん「こちらこそ、いつでも連絡、ライン待ってます!」

◆宮原 知子(みやはら・さとこ)1998年3月26日、京都府出身。24歳。関大卒。2011、12年全日本ジュニア優勝。15年世界選手権銀メダル。15、16年GPファイナル2位。16年2月の四大陸選手権で国際主要大会初優勝。全日本選手権は14~17年で4連覇。18年平昌五輪4位。21―22年シーズンを最後に現役引退。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×