【甲子園】サヨナラ呼んだ「市船soul」作曲した故・浅野大義さんの母・桂子さん「彼はここにいる」

スポーツ報知
三塁側アルプススタンドで応援する市船橋のブラスバンド(カメラ・岩田 大補)

◆第104回全国高校野球選手権大会第3日 ▽1回戦 市船橋6x―5興南(8日・甲子園)

 市船橋(千葉)の吹奏楽部に伝わる応援曲「市船soul」が興南(沖縄)戦で甲子園に初めて響き、サヨナラ勝ちを呼んだ。2017年1月、がんのため20歳で早世した浅野大義さんが在学中に作曲。5月、生涯を描いた同名小説を映画化した「20歳のソウル」が公開されるなど、ナインの背中を押し続けた。

 * * *

 故・浅野大義さんの母・桂子さん「(初回に市船soulが流れ)いきなりチャンスを作ってくれたので、すごく感動しました。野球部には本当に感謝しかないです。たぶん彼はここ(甲子園)にいるので、すごく喜んで、市船soulが流れているのを聴いて『ニヤッ』としていると思います」

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×