リアルスティール産駒の大物誕生フェイト、福永騎手「クラシックに乗せていけそう」距離延長もOK…2歳新馬評価

スポーツ報知
フェイト

 新潟、札幌2場開催の2週目。外厩・ノーザンファームしがらき、ノーザンファーム天栄が1勝ずつ、昨年上位の吉澤ステーブルWESTも順当に勝ち星を重ねている。

【8月6日・新潟5R、2歳新馬、芝1800メートル、良馬場=11頭立て】

◆フェイト(牡、栗東・矢作芳人厩舎、父リアルスティール、母サンタフェチーフ、母の父ヴィーゼンプファド)478キロ、馬主=藤田晋、生産牧場=ノーザンファーム

【血統】16年ドバイターフ優勝の父の初年度産駒で、牝系からはエリザベス女王杯、有馬記念2着のサラキア(牝、父ディープインパクト)、朝日杯FSの勝ち馬サリオス(牡、父ハーツクライ)が出ており、好スケールを誇る。昨年のセレクト1歳セールで藤田晋オーナーが1億6000万円で落札。

【レースVTR】道中は5番手で運び、直線で追い出されると、一瞬で他馬を置き去りにした。最後は流す余裕をみせながら上がり最速34秒5をマークして5馬身差で圧勝し、単勝1・5倍の1番人気に応えた。勝ち時計は1分48秒1。

【コメント】福永祐一騎手「お父さんは気持ちが入りやすかったけど、おとなしいし、性格も良いので距離を持たせやすい。まだトモ(後肢)が甘くて成長曲線は早いほうではないけど、じっくり育てていけばクラシックに乗せていけそう」

【将来性】★★★★ 

【先週の新馬勝ち上がり外厩(放牧牧場)一覧】

フェイト     ◇6日新潟5R芝1800(ノーザンファームしがらき)

ニシノコウフク  ◇6日新潟6R芝1600(西山牧場阿見分場)

メイクアスナッチ ◇6日札幌5R芝1200(ノーザンファーム天栄)

ムーンスカイ   ◇7日新潟5R芝1600(吉澤ステーブルWEST)

ミトノオー    ◇7日新潟6Rダ1800(阿見TC)

エイトスター   ◇7日札幌5R芝1800(ノーザンファーム空港)

【2021年の外厩別2歳新馬戦勝ち上がり=かっこ内は連対率】

1  ノーザンファームしがらき   37勝(31・2%)

2  ノーザンファーム天栄     36勝(32・1%)

3  山元トレーニングセンター   20勝(19・5%)

4  チャンピオンヒルズ      17勝(19・2%)

5  吉澤ステーブルWEST    14勝(21・4%)

6  大山ヒルズ          12勝(26・3%)

7  吉澤ステーブルEAST    11勝(25・4%)

8  グリーンウッド・トレーニング  9勝(17・2%)

9  宇治田原優駿ステーブル     8勝(13・1%)

10 阿見トレーニングセンター    6勝(10・2%)

※競馬サイト「馬トク」からのデータ

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×