【ボートレース】実森美祐が痛恨のフライングに涙 約10億円の返還~まるがめレディースチャンピオン

スポーツ報知
優勝戦12R、実森美祐はフライング失格

 ボートレースまるがめのプレミアムG1「第36回レディースチャンピオン」優勝戦が最終日の8日、第12Rで争われた。

 G1初V&デビュー初Vを懸け1号艇からレースに臨んだ実森美祐だったが、コンマ06の痛恨のフライング。師匠の角ひとみに肩を抱えられピットに引き揚げてきたその目は、真っ赤に腫れ上がっていた。報道陣の問いかけにも顔を上げることはなく、「早かったですね…」とひと言残し足早にピットを去った。F2のため次節の宮島終了後65日間の休みとなる。

 また、このフライングによって優勝戦発売額の約86%にあたる10億2032万4700円が返還となった。

ギャンブル

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×