羽生結弦さんYouTubeチャンネル開設「はじめまして」初日で登録者17万人超え

Youtubeチャンネル「HANYU YUZURU」を開設し、初投稿の「はじめまして。」であいさつする羽生結弦
Youtubeチャンネル「HANYU YUZURU」を開設し、初投稿の「はじめまして。」であいさつする羽生結弦

 フィギュアスケート男子の2014年ソチ、18年平昌五輪連覇で、プロ転向した羽生結弦さん(27)が7日、公式YouTubeチャンネル「HANYU YUZURU」の開設を発表。初投稿は「1」並びの1分11秒間の動画で「こちらでも自分のスケートを、そして演技を見ていただきたい」など思いを語った。8日午前0時時点で、登録者数は17万人超となった。

 プロスケーターとなった羽生さんが、公式YouTubeチャンネル「HANYU YUZURU」をオープンした。この日、早速チャンネルに動画を初投稿。冒頭で「はじめまして。フィギュアスケーターの羽生結弦です。こちらは羽生結弦公式YouTubeチャンネルとなります」とあいさつし、「これからはこちらでも自分のスケートを、そして演技を見ていただきたいなというふうに思い、チャンネルを開設させていただきました」と自らの言葉で経緯を説明した。

 7月19日にプロ転向を表明した際には今後について、夢のクワッドアクセル(4回転半ジャンプ)成功を目指し挑戦し続けていくことを明言した一方で「理想としているフィギュアスケートを追い求めるのは競技会でなくてもできる。むしろ競技会じゃないところの方が、皆さんに見ていただけるんじゃないかな」と口にした。その一つとして選んだ場が動画投稿のYouTube。これまでSNSのアカウントは一切、開設してこなかったが、今回初めてファンと直接つながるツールを持つことになった。

 「これから皆様の期待に応えることができるか分かりませんが、これからも一生懸命スケートを頑張っていきます。そして見ていただいた意味を何かしら感じていただけるように頑張っていきます」と、「1」が並んだ1分11秒間にプロとしての決意を込めた。

 羽生さんの新たなステージへの期待。ファンも呼応するかのように、8日午前0時時点で17万人超がチャンネル登録し、「羽生くん」「YouTube開設」などの関連ワードがいくつもトレンド入り。ネット上では「本当にうれしい」「最高です!」との声もあがり、注目度の高さを見せている。

 ◆主なYouTubeチャンネル

 ▼HIKAKIN(33) 登録者数約1080万人。幅広い年齢層に人気で、2006年から投稿を始めた国内ユーチューバーの先駆者。動画のあいさつは「ブンブンハローユーチューブ! どうもHIKAKINです」。内容は商品紹介、ドッキリ企画、有名人とのコラボなど。

 ▼二宮和也(39) 約338万人。男性アイドルグループ・嵐のメンバー。21年4月にチャンネル「ジャにのちゃんねる」を開設。ジャニーズ事務所に所属するKAT―TUN・中丸雄一(38)、Hey!Say!JUMP・山田涼介(29)、Sexy Zone・菊池風磨(27)と二宮の4人が出演しており、休日の様子やゲーム実況動画などを投稿している。

 ▼ダルビッシュ有(35) 約57万人。パドレス所属の現役メジャーリーガー。17年にチャンネル「Yu Darvish」を開設し、トレーニング解説などの動画を投稿。サブチャンネル(登録者約34万人)のゲーム実況も人気で、最近は主にオンラインゲーム「プロ野球スピリッツ」をプレーしている。

 ▼桐生祥秀(26) 約8万人。陸上競技選手。19年にチャンネル「桐生祥秀 / Yoshihide Kiryu Channel」を開設。中高生に向けた練習、トレーニングなどを投稿。

※登録者数はメインチャンネル

スポーツ

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×