馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  中山 阪神 中京

【小倉記念展望】重賞初Vを狙うジェンティルドンナの娘ジェラルディーナが中心

小倉記念の登録馬。※騎手は想定
小倉記念の登録馬。※騎手は想定

 第58回小倉記念・G3が8月14日、小倉競馬場の芝2000メートルで行われる。

 中京の鳴尾記念2着以来の出走となるジェラルディーナ(牝4歳、栗東・斉藤崇史厩舎)はモーリス×ジェンティルドンナの配合。ようやく血統的な良さが出てきて、高いポテンシャルを実戦で表現できるようになった感。念願の重賞Vチャンスだ。

 新馬から3連勝で毎日杯を勝ったピースオブエイト(牡3歳、栗東・奥村豊厩舎)は日本ダービー18着以来、古馬相手の一戦で真価が問われる。

 新潟牝馬S1着、愛知杯2着、マーメイドS2着と牝馬相手なら地力上位のマリアエレーナ(牝4歳、栗東・吉田直弘厩舎)、小倉の中京記念で2年連続2着のカテドラル(牡6歳、栗東・池添学厩舎)は末脚タイプも、小回り向きの機動力を備える。

 リステッド・都大路S勝ち馬のシフルマン(牡6歳、栗東・中尾秀正厩舎)。小倉は脚質的に向くだけに警戒。同じく小倉&小回りならダブルシャープ(牡7歳、栗東・渡辺薫彦厩舎)、ヒュミドール(セン6歳、美浦・小手川準厩舎)、モズナガレボシ(牡5歳、栗東・荒川義之厩舎)、ショウナンバルディ(牡6歳、栗東・松下武士厩舎)と巧者の面々が黙っていない。天皇賞・春惨敗(17着)からの巻き返しを期す実力馬タガノディアマンテ(牡6歳、栗東・鮫島一歩厩舎)、チャレンジC3着、リステッド・大阪城S優勝の頃の力が戻って、去勢効果があればヒンドゥタイムズ(セン6歳、栗東・斉藤崇史厩舎)の勝機も。(大上 賢一郎)

登録馬&想定騎手

競馬

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×