いよいよ始まる新シーズン 三原「完成度を上げていきたい」宮原さん「精いっぱい応援」…三原舞依×宮原知子さん対談:前編

スポーツ報知
オンラインで対談した三原舞依(右)と宮原知子さん

フィギュアスケート女子で18年平昌五輪4位の宮原知子さん(24)が、現役選手と本音で語り合う「知子のRink.Linkトーク」がスタート。第1回目は四大陸選手権優勝の三原舞依(22)=シスメックス=が登場し、2回に分けて連載する。「前編」では、お互いのプログラム、演技についてとことん語り合う。(取材・構成=高木恵、小林玲花、取材日2022年7月13日)

※ ※ ※ ※ ※

―間もなく、フィギュアスケートの2022―23年シーズンが始まる。三原にとっては、新シーズンの幕開け、宮原さんは現役引退後、初めて「見守る」立場で迎えるシーズンとなる。お互い、どのような思いで今季を迎えるのだろうか。

三原「アイスショーがあるんですけど、それが終わったら試合が始まって、どんどんシーズンが始まっていく。新しく作ったプログラムは、SPもフリーも両方とも早く完成度を上げていきたいなという感じで、練習を積んでいます」

宮原さん「自分が『引退する』って言ってから、ものすごく長い時間が経っているような気もするし、ちょっと複雑な感じです。いざ試合が始まったら、懐かしさっていうか、さみしさっていうか。そういうのが多分すぐ出てくると思う。日本にはいるので、テレビで精いっぱい応援したいなって気持ちです」

―三原は今季SPに「戦場のメリークリスマス」、フリーは「恋は魔術師」を選択した。

三原「両方とも選曲は、振付師のデヴィッド・ウィルソンさんとお話して決めました。まず、SPは昔、さっとん(=宮原さんの愛称)が滑っていて」

宮原さん「(笑顔)」

三原「それがほんとに大好きで。多分、一緒に全日本に出た時かなあ。会場で、戦場のメリークリスマスを見て『あっ!めっちゃ素敵』と思って。音楽も素敵だし、さっとんの力強さとか、滑らかなところが大好きで、『この曲を使ってみたいな』って思っているリストの中に入っていたうちの一つだった。デヴィッドさんから、この音楽をいただいたときはうれしくて。とても美しい音楽なので、力強さも、きれいなところも含めて、表現できたらいいなと思って、今は練習しています。フリーは、SPとはまた違った、結構スパニッシュな、かっこいい力強さの振り付けが多いです。目線とか手の動かし方とか全部含めて、ちょっとイメージをガラッと変えてできたらいいなと思っています」

―宮原さんは2013―14年シーズンに「戦場のメリークリスマス」を演じた。当時振り返って思うことは?

宮原さん「まさか自分の戦場のメリークリスマスからも影響受けてたって知らなかったので・・・。うれしかったし、でも、戦場のメリークリスマスって聞いた時に『めっちゃ舞依ちゃん』と思いました。だからすごい見るのが楽しみです」

三原「特にステップが好き。優しい曲から、パッて切り替わったときに、滑らかでもあるし、力強さもあるし、プログラムを見ていて、ぐって引き込まれちゃって。あっという間に終わる感覚がすごくあって。最初から最後までが一瞬で、引き込む力がすごいなと思った。音楽自体の世界観にすごく引き込まれるっていうところが大好きです」

宮原さん「もうそのときは、振り付けとジャンプに必死で。ちょっと、必死さが伝わりすぎて、恥ずかしいくらい。あんまりちょっと見返してはない(笑い)。でも曲が柔らかいというか、きれいな部分があるんですけど、その裏にちょっと強さとかもあるので、コントラストをなるべくつけれるように当時は意識して滑っていました。柔らかさは自然にもう、舞依ちゃんの滑りから出ると思う。ちょっとしたメリハリみたいな、アクセントを意識したら、めっちゃ良くなりそうなイメージですけどあります!」

三原「頑張ります!」

◆宮原 知子(みやはら・さとこ)1998年3月26日、京都府出身。24歳。関大卒。2011、12年全日本ジュニア優勝。15年世界選手権銀メダル。15、16年GPファイナル2位。16年2月の四大陸選手権で国際主要大会初優勝。全日本選手権は14~17年で4連覇。18年平昌五輪4位。21―22年シーズンを最後に現役引退。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×