源頼朝の弟・全成、壮絶刑死…妻役の宮澤エマ「台本を読んだ時点で号泣」

スポーツ報知
NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で壮絶な最期を遂げた阿野全成(新納慎也)

 7日に放送された俳優の小栗旬が鎌倉幕府の第2代執権・北条義時を演じるNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(日曜・後8時)の第30回「全成の確率」で、壮絶な最期を遂げた阿野全成役の新納慎也が視聴者にメッセージを送った。

 僧侶の身でありながら、源頼朝(大泉洋)の弟、義経(菅田将暉)の兄である源氏一門。今作でも戦争・政争の中心近くにいながら、のらりくらりかわし、兄弟で最も生き延びた。

 最期は謀反の疑いをかけられ、壮絶に散った。これまで一向に効き目がなかった呪文の数々だったが、亡くなる直前にだけ雷雨となり、死後は晴れるという演出。新納は「本当にすてきなラストを描いてくださったな、三谷さん、ありがとうございます」と脚本・三谷幸喜氏に感謝。直接連絡して「ありがとうございます」と言ったという。「本当に悲しい、すてきな最期を描いてくれたと台本の段階でも思っていましたが、それをさらに何倍もすてきなシーンにしてくださった演出とスタッフのみなさんに、今はもう本当に感謝です」とお礼の言葉を重ねた。

 今作ではフワフワとしたナイスカップルとして描かれた妻・北条実衣役の宮澤エマは「台本を読んだ時点で号泣してしまって」と明かす。ドラマでも悲しみに耐えながら流す涙は、視聴者の心を揺さぶった。全成の好きなところについては「色々あるんですけど、秘密にしておきたいところもあります。なんでかというと、二人にしか分からないことなんだと思うんですよね」と関係性を大切にしていた。

芸能

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×