張本勲氏、乱闘で謝罪した新庄監督に「あっぱれ」…「素晴らしい…見習って欲しい」

スポーツ報知
張本勲氏

 野球評論家の張本勲氏が7日、TBS系「サンデーモーニング」(日曜・午前8時)に約4か月ぶりに生出演した。

 同番組のレギュラーコメンテーターだった張本氏は昨年12月26日に同番組で最後のレギュラー出演を果たし、今後は不定期での出演を公表していた。その後、3月27日に生出演し今回は約4か月ぶりの登場となった。

 番組では、6日オリックス対日本ハム戦で日本ハムの先発・田中瑛斗が初回に続き3回1死に杉本裕太郎に死球。杉本はマウンド方向へ数メートル歩み出すと、両軍の選手、首脳陣らがベンチから飛び出した。新庄ビッグボスは中嶋監督と言葉を交わした後、一塁にいた杉本に歩み寄り、直接謝罪したことを報じた。

 張本氏はこの新庄監督の行動に「あっぱれ」と絶賛。死球は故意ではなく田中がコントロールが悪いとしたが「バッターは怒りますよ」と指摘し「新庄がいいところは相手に謝りにいっている。やった方が謝りに行っているから怒りようがないんです」と解説した。

 その上で「今まで随分、乱闘やってきたし見てきたけども、こういう収まり方は素晴らしい。みんな見習って欲しい」と絶賛していた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×