大谷翔平、Wヘッダー1試合目は4打数無安打…先発濃厚の2戦目で25号放ちイチロー超えなるか

スポーツ報知
7回2死一塁、第4打席は空振り三振に終わった大谷翔平(カメラ・泉 貫太)

◆米大リーグ マリナーズ2―1エンゼルス(6日・シアトル=Tモバイルパーク)=第1試合=

 エンゼルス・大谷翔平投手(28)が6日(日本時間7日)、敵地・マリナーズ戦のダブルヘッダー第1試合に「2番・指名打者」でスタメン出場。外野フライ3つと三振の4打数無安打に終わった。チームは2回にフィリーズから加入したモニアクの右前適時打で先取点を奪ったが、3回に先発・バリアがフランスに逆転2ランを浴び、その後は得点を奪えず敗れた。

 マリナーズ先発はカービーだった。大谷は6月に対戦した際に投ゴロ、右安、左安の3打数2安打。初回1死の1打席目は、フルカウントから真ん中に甘く入ったスライダーを逆方向にはじき返したが、ジャストミート出来ず左飛に倒れた。3回無死一塁の2打席目は高めの直球を捉え、飛距離377フィート(約115メートル)と中堅にはじき返したが、あとひと伸び足りず中飛。5回1死走者なしの3打席目も中飛だった。

 1点を追う7回2死一塁の4打席目は、3番手・右腕ムニョスと対戦。だが、徹底して投げ込まれる低めのスライダーに3球連続空振りで三振を喫した。通算117本塁打で、日本人歴代2位のイチロー氏と並んでいるが、この試合で上回ることは出来なかった。Wヘッダー第2試合もスタメン出場予定。3試合ぶりの本塁打となる25号での“イチロー超え”に注目だ。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×