【日曜の注目新馬7日新潟6R】グローバリスト、ラスト1ハロン11秒台連発!追い切り通りならV圏

スポーツ報知
 

★グローバリスト(牡、父シニスターミニスター、母ジャポニウム、栗東・西村真幸厩舎)

 父は現役ダート王テーオーケインズ、重賞5勝インカンテーションなどを出し、砂で唯一無二の存在感を誇る。母の父はダノンシャンティ。CBC賞勝ち馬のファストフォース(牡、父ロードカナロア)、新潟記念で重賞タイトルを手にしたアデイインザライフ(牡、父ディープインパクト)を出した母系の出身だ。

 7月12日に外厩・チャンピオンヒルズから入厩し、栗東の坂路、ウッドチップで時計8本。ウッドチップ長めからラスト1ハロン11秒台の切れを見せつけた1週前、直前の走りともに絶品で、追い切りだけ走ればまず争覇権。

【先週の新馬勝ち上がり外厩(放牧牧場)一覧】

リバティアイランド◇30日新潟5R芝1600(ノーザンファームしがらき)

ニシキギミッチー ◇30日新潟6Rダ1200(ブルーステーブル)

ブライトファントム◇30日札幌5R芝1500(浦河町)

ダノントルネード ◇31日新潟5R芝1800(ノーザンファームしがらき)

フルメタルボディー◇31日新潟6R芝1400(グリーンウッド)

ウェイビー    ◇31日札幌5R芝2000(フジワラファーム)

【2021年の外厩別2歳新馬戦勝ち上がり=かっこ内は連対率】

1  ノーザンファームしがらき   37勝(31・2%)

2  ノーザンファーム天栄     36勝(32・1%)

3  山元トレーニングセンター   20勝(19・5%)

4  チャンピオンヒルズ      17勝(19・2%)

5  吉澤ステーブルWEST    14勝(21・4%)

6  大山ヒルズ          12勝(26・3%)

7  吉澤ステーブルEAST    11勝(25・4%)

8  グリーンウッド・トレーニング  9勝(17・2%)

9  宇治田原優駿ステーブル     8勝(13・1%)

10 阿見トレーニングセンター    6勝(10・2%)

※競馬サイト「馬トク」からのデータ

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×