【巨人】クロールが来日初セーブ 「とにかくチームが勝ったことが一番」

スポーツ報知
勝利し小林誠司(手前)と抱き合うクロール(カメラ・中島 傑)

◆JERAセ・リーグ ヤクルト2―3巨人(6日・神宮)

 巨人のイアン・クロール投手が6日のヤクルト戦で、1回1安打無失点で試合を締め、来日後、初セーブを挙げた。

 3―2の9回から5番手で登板。5番・オスナを三ゴロ。6番・長岡を空振り三振。代打・青木には左前安打を浴び、代打・西田の中堅へのフライを増田大がまさかの落球。2死一、三塁としたが、最後は中村を三ゴロに打ち取り、試合を締めた。

 初セーブを挙げた助っ人左腕は「セーブが付いたのは良いことだけど、とにかくチームが勝ったことが一番です。これからも与えられたところで自分のピッチングを出来るように準備していきたいです」と語った。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請