【オリックス】「長かったですね…5年」育成出身の22歳・東晃平がプロ初勝利

スポーツ報知
オリックスの東晃平

◆パ・リーグ オリックス3―1日本ハム(6日・京セラドーム大阪)

 ベンチの背番号95は、マウンドの本田への視線を下げなかった。「信じていました」。2点リードの9回2死満塁。同じ5年目の右腕が清宮を空振り三振に斬り、念願のプロ初勝利をつかんだ東晃平投手(22)は手渡された記念球をギュッと握りしめた。

 7月28日に育成から支配下登録された。同30日のロッテ戦(ZOZO)でプロ初登板先発し、5回途中4失点。2度目の登板で白星を手に入れた。「イニングを重ねるごとに自分らしく投げられた」。最速153キロを計測した直球は、140キロ台と球速差をつけられる技術の持ち主。初回に1点を失いながら、6回途中を5安打1失点にまとめた。

 逆転2ランの吉田正と並んだお立ち台では、初登板に続いて球場で見守ってくれた両親に対し「野球を教えてくれてありがとう」と感謝を届けた。先発は山岡、椋木が離脱中。2軍監督時代から見てきた中嶋監督は「ヒョロヒョロで頼りなさ満開だったのが、体も大きくなった。良くなってます」と褒めた。

 ヤクルト・村上や清宮とも同学年。「長かったですね、5年…。やっと、という感じです」とフーッと息をついた。「人見知りとあいさつは別物やぞ」とキツく指導されたのは過去のこと。心身ともに強くたくましくなり、戦力として成長した。チームは3連敗から2連勝で3位浮上。5年ぶりに日本ハム戦勝ち越しも決め、首位・西武との差を3ゲームに縮めた。(長田 亨)

 ◆東 晃平(あずま・こうへい)1999年12月14日、兵庫県生まれ。22歳。神戸弘陵高から2017年の育成ドラフト2位でオリックス入団。昨年10月に自由契約となり、12月に育成再契約。7月28日に支配下登録。178センチ、83キロ。右投右打。年俸450万円。独身。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×