【阪神】矢野燿大監督「責めることはできない」 9回に小幡竜平、中野拓夢の失策絡みでサヨナラ負け 一問一答

スポーツ報知
9回の攻撃を終え、投手交代を告げる矢野燿大監督(カメラ・渡辺 了文)

◆JERAセ・リーグ 広島6X―5阪神(6日・マツダスタジアム)

 阪神は9回に失策絡みで3点差をひっくり返され、今季8度目となるサヨナラ負けを喫した。広島戦は3勝12敗2分けとなり、8試合を残し18年以来となる負け越しが決定した。以下は矢野燿大監督の一問一答。

―最後はイレギュラーもあったが

「ちょっと跳ねたかなっていう感じはあった。この球場は難しいからね。タクム(中野)の守備に助けられることもいっぱいあるし。跳ねたとはとはいえ、タクムなら捕ってあげないと、っていうのはもちろんある。それを責めるっていうよりは、あいつがまたスグル(岩崎)の時に取り返すとかさ。チームのために頑張るとか、そっちの方が大事だと思う」

―最後打たれたが岩崎もいつも助けてくれている

「もちろん」

―いつもと球の違いは

「どうしても3点差って難しいから。そういうところで立ち上がりでコンって打たれちゃって、相手のペースになっちゃったかな」

―小幡は攻めたプレーの結果だが、悪送球に

「攻めてのプレーというか、アウトになるためには、ある程度速いボール投げなあかん。俺は責めることはできないと思うけどね。アウトにしにいった中のプレーで、もちろん竜平(小幡)だってあれをアウトにできるようになっていかなあかんし」

―藤浪は久々の先発

「まっすぐは力があって、前半はスプリット系がうまくいっていたんで。6回途中までいけた。いい内容だったと思います」

―次回登板は

「まあまあ、ちょっと考える」

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×