【巨人・今日は何の日】柴田勲が2000安打&通算3000塁打同時達成…1980年8月7日

スポーツ報知

◆ヤクルト10―1巨人(1980年8月7日、神宮)

 巨人の歴史をひもとく「今日は何の日」。1980年8月7日は、柴田勲が、巨人では4人目、史上13人目の2000安打と15人目の通算3000塁打を同時達成した日です。

 4回先頭、柴田が酒井の初球ストレートをたたくと、打球はレフト前でポトリと落ちた。「テキサスヒットか。いかにもオレらしい」。ここ4試合、16打席ノーヒットでの到達に笑みがこぼれた。

 「プロに入って19年。野球をやっていて良かった。いやあ長かった。ホッとした。以前は2000本を達成できるなんて思わなかった。川上さんの勧めでスイッチヒッターに転向、成功したのが記録につながった」

 法政二で夏春連覇の甲子園優勝投手。プロ1年目のオフに外野に転向すると同時に、日本初のスイッチヒッターになった。俊足で6度の盗塁王にも輝いているにもかかわらず、一度も打率3割をマークしていないことから、不思議な2000本とも言われている、と当時の記事にある。

 この試合は1―10の大敗。王が2000安打達成の日(74年8月4日)は、手痛い敗戦に驚くほど小さい扱いだったが、6年後の柴田は、報知新聞の1面で大々的に報道されている。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請