【広島】秋山翔吾がサヨナラ打「大変長らくお待たせしました」 ピースナイターを劇的勝利で7連敗ストップ

スポーツ報知
サヨナラとなる右前適時打を放ちナインに迎えられる秋山翔吾(カメラ・渡辺 了文)

◆JERAセ・リーグ 広島6ー5阪神(6日・マツダスタジアム)

 広島が今季6度目のサヨナラ勝ちで連敗を7で止めた。

 3点ビハインドで迎えた9回に小園、会沢の連続ヒットで無死一、二塁。ここで上本が二塁に内野安打を放つと、小幡が一塁のベースカバーに入った岩崎に悪送球。その間に小園がホームにかえった。続く野間は三振に倒れたが、菊池の遊ゴロを阪神・中野がファンブルし、2者が生還。土壇場で同点に追いついた。なおも1死二塁で秋山が右前にサヨナラ打を放った。

 「原爆の日」だったこの日は15度目のピースナイターとして開催され、選手はユニホームに原爆ドームとハトをデザインしたピースワッペンを着用して試合に臨んだ。ファンも配布されたピース新聞を5回終了時には掲げて願いを込めた。広島にとっては特別な一日で劇的な逆転勝利を飾った。

 お立ち台に上がった秋山は「つないで、こういう展開で回ってきてラッキーでした。後半戦スタートして、(連敗が続き)大変長らくお待たせしました」と、ファンと勝利を喜び合った。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×