【広島】会沢翼にアクシデント連発の試練 藤浪晋太郎の死球に、A・ロッドのバットが背中直撃

スポーツ報知
3回無死、背中に死球を受けた会沢翼(カメラ・渡辺 了文)

◆JERAセ・リーグ 広島―阪神(6日・マツダスタジアム)

 広島・会沢翼捕手が相次ぐアクシデントに見舞われた。3回無死の第1打席では藤浪のすっぽ抜けたツーシームが背中を直撃。当たった瞬間に声を上げ、しばらくは座り込んで動けなかった。

 さらに5回の守備でもロドリゲスが三ゴロを放った際に放り投げたバットが再び背中付近を直撃。トレーナー、倉バッテリーコーチも駆け寄る一幕もあったが、何とか試合出場を続けた。チームも7連敗中と苦しい中、扇の要も厳しい戦いが続いている。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×