【広島】アンダーソンが3回を7安打3失点KO 佐々岡政権ワーストタイの8連敗危機

スポーツ報知
3回無死一、三塁、佐藤輝明(手前)に四球を与え、無死満塁のピンチを招いた広島先発・アンダーソン(奥右)(カメラ・渡辺 了文)

◆JERAセ・リーグ 広島―阪神(6日・マツダスタジアム)

 広島のドリュー・アンダーソン投手が先発し、3回を7安打3失点でKOされた。阪神戦はここまで3試合に登板し、1勝0敗、防御率1・50と好相性だったが、この日は制球、キレともに精彩を欠いた。

 2回に梅野の適時打で先取点を奪われると、3回には島田、近本の連続安打に佐藤輝への四球で無死満塁。ここで糸原の二ゴロの間に追加点を奪われ、ロドリゲスにも中犠飛を打たれた。3回の打席で代打・末包を送られ、ベンチに下がった。

 チームは後半戦に入って6戦6敗で7連敗中。佐々岡監督就任後、ワーストタイとなる8連敗が迫っている。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×