【甲子園】解説者も「初日から熱闘甲子園」と興奮!一関学院が京都国際にサヨナラで夏20年ぶりの白星

スポーツ報知
11回1死二塁、 二塁走者・一関学院・小松(左)は寺尾皇汰のサヨナラ中前適時打で生還し大絶叫(カメラ・岩田 大補)

◆第104回全国高校野球選手権大会第1日 ▽1回戦 一関学院6×―5京都国際=延長11回(6日・甲子園)

 12年ぶり7度目の出場となる一関学院が、京都国際に延長11回、6―5でサヨナラ勝ち。2002年夏以来、20年ぶりに甲子園で1勝を飾った。

 一関学院は1点を追う初回1死一、二塁で4番・後藤叶翔捕手(3年)が中前打で同点に追いつくと、さらに2死一、二塁で主将の小松大樹内野手(3年)が右中間へ2点適時三塁打。後藤は3―1で迎えた3回1死二塁で、タイミングを外されながら変化球を左前へ運び、リードを3点に広げた。プロ注目左腕の森下瑠大投手(3年)から3回までに4点を奪った。

 一関学院の小野涼介投手(2年)は初回に先制点を献上したものの、2回以降は凡打の山を築いた。アンダースロー右腕は100キロ前半の変化球を織り交ぜ、相手打線を幻惑した。打線は6回にも1点を追加し、166センチの2年生右腕を援護した。

 一関学院は9回に2点を奪われ同点に追いつかれた。延長10回、京都国際が1死満塁の好機に3番手で登板した松岡凜太朗投手(2年)が投ゴロ併殺に倒れると、直後の攻撃では一関学院が1死一、三塁の好機を生かせず。実況した地元テレビ局のアナウンサーが試合中に「大会初日から熱闘甲子園」と興奮するほど、白熱した好ゲームとなった。一関学院は延長11回1死一塁、寺尾皇汰投手(2年)が決勝の中前打でサヨナラ勝ち。

 一関学院が夏の甲子園で勝利したのは、1回戦で樟南(鹿児島)に1―0で勝利した2002年以来20年ぶり。高橋滋監督は試合前には「甲子園での勝利で言えば、もう20年遠ざかっている。20年ぶりの勝利を目指していきたい」と語っていた。「甲子園8強」を目標に掲げるチームが強豪校を撃破し、まずは初陣を飾った。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×