【中日】Rマルティネス救援失敗も立浪監督「彼しか抑えいない」貧打に「あと一本出るか出ないか」一問一答

スポーツ報知
立浪和義監督

◆JERAセ・リーグ 中日0―1DeNA(6日・バンテリンドーム)

 中日のライデル・マルティネス投手が、牧に痛恨の決勝打を浴びた。0―0の9回から登板した絶対的守護神は、先頭・関根に死球を与えると2死一、二塁から4番・牧に右前へのV打を浴びた。これでチームは3連勝のち4連敗。今季ワーストタイとなる借金13となった。

 先発・小笠原は8回4安打無失点と好投。140キロ台後半の力強い直球とチェンジアップ、カーブを制球し、DeNA打線を翻弄したが、味方の援護なく勝ち星にはつながらなかった。

 肝心の打線も、DeNAを上回る8安打を放ちながらお決まりとなった「あと一本」が出ず、今季18度目の零封負けとなった。

 以下、立浪監督の一問一答。

 ―ライデルが最後にやられた。

 「点を取れるチャンスは何回かあったんでね。あと一本が出るか出ないかの差を、最後見せられたというところ。早い回で取っていれば、小笠原も頑張っていただけに、打線がちょっと見殺しにしてしまった」

 ―DeNA・坂本に右打者が何とかして欲しかった。

 「チャンスはあったわけですし。いいようにリードされ、やられている試合が昨日、今日と目につく。技術的なところでうまくいかないなら、もっと狙い球を絞らないといけない。絞ってはいるんでしょうけど」

 ―小笠原の継投のタイミングは。

 「(8回の)最後のピンチしのいで本人は当然いきたかったと思う。なんとかライデルでいって、裏の攻撃でサヨナラを狙いにいった。(小笠原の内容も良かった?)前回勝ってますし、いい投球して勝ちをつけてあげられなかったのが一番、残念なところ。終盤の粘り、球威も落ちなかった。これに勝ちがつけばさらに成長する。確実に成長している」

 ―ライデルは、先頭打者を出している。

 「1点もあげてはいけないところで、先頭出すと神経も使いますし。先頭さえ取れればポンポンといく。セットポジションやクイックとか色んなことを克服しないと・・・。ずっと調子良かった。(最近)ボールの走りとか、フォークボールもあんまり落ちてない。でも、彼しか抑えはいないんでね」

 ―昨日守備でミスのあったレビーラが、打撃面で奮闘した。

 「粗さもありますけど、なんとか早く日本のピッチャーになれて欲しい」

 ―ビシエドが4打席でゴロアウト。

 「DeNA戦は特に勝負どころ、チャンスで内角を攻められている。そこの克服というのがね。ちょっとスタイル変えていかないと克服できないのかな」

 ―DeNAに勝ち越しがなくなった。研究されてる?

 「3、4番に試合を決める一打を打たれている。そこだけだと思います」

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×