【池添謙一のKen to 1】ヒストリーメイカーで2週連続重賞V狙う 札幌11R・エルムS

スポーツ報知
小倉から転戦してきたヒストリーメイカー

 先週のクイーンSをテルツェットで勝つことができました。接戦でしたが、56キロを背負って力を見せてくれました。気性面の心配がなく、距離に融通が利くタイプ。今後のレース選択に注目です。

 週明けはデュランダルのお墓参りへ。引退してから毎年夏の恒例行事にしてきましたが、コロナの影響で3年ぶりの訪問。手を合わせて、近況報告をしてきました。

 日曜札幌のメイン、エルムSはヒストリーメイカーに騎乗します。大仁(小沢騎手)が乗れなくなり、急きょ回ってきた手綱。実績的にも乗り方ひとつで勝負になると思うので、できる限りの準備をして臨みます。

 メイショウネムノキは厩舎ゆかりの血統馬。きょうだいの中で、走りは母のメイショウベルーガに一番似ていると感じます。ただ、兄姉同様に使いつつ良くなる印象。初戦はどうかですが、少しでもいいところを見せて欲しいです。ヴァーグエスタードは集中の持続がカギ。シルバーリングはハミを換え、もたれる面が解消すれば、チャンスがありそうです。

(JRA騎手)

池添騎手の騎乗馬は次の通り(A、B、Cは本紙評価)

 【札幌】

2R・ベジェサ     C

3R・シルバーリング  B

5R・メイショウネムノキB

6R・ヴァーグエスタードB

8R・オメガデラックス B

11R・ヒストリーメイカーB

12R・シンゼンコイチャンC

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×