【中日】絶対的守護神R・マルティネス、痛恨の救援失敗で4連敗…DeNA上回る8安打も18度目零封黒星

スポーツ報知
ライデル・マルティネス

 ◆JERAセ・リーグ 中日0―1DeNA(6日・バンテリンドーム)

 中日のライデル・マルティネス投手が、牧に痛恨の決勝打を浴びた。0―0の9回から登板した絶対的守護神は、先頭・関根に死球を与えると2死一、二塁から4番・牧に右前適時打を浴びた。これでチームは3連勝のち、まさかの4連敗。今季ワーストタイの借金13となった。

 先発・小笠原は8回4安打無失点と好投。140キロ台後半の力強い直球とチェンジアップ、カーブを制球し、DeNA打線を翻弄したが、味方の援護なく勝ち星にはつながらなかった。

 肝心の打線も、DeNAを上回る8安打を放ちながらお決まりとなった「あと一本」が出ず、今季18度目の零封負けとなった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×