【巨人】坂本勇人が1か月ぶり実戦復帰「DHという形でしたが、試合に出られて良かったです」

スポーツ報知
試合前、バットを手に笑顔を見せながら素振りで準備する坂本勇人(カメラ・竜田 卓)

◆イースタン・リーグ 巨人―ヤクルト(6日・ジャイアンツ球場)

 仙腸関節炎で2軍調整中の坂本勇人内野手(33)が「1番・DH」で実戦復帰した。

 7月6日のヤクルト戦(東京D)以来の実戦出場で、まずは打者として生きた球を見て実戦感覚を取り戻すことから着手。

 初回先頭の1打席目は左腕・山下の初球、2球目といずれも直球を見逃して2ストライクと追い込まれたが、低めのフォーク、直球を見逃して並行カウントに持ち込み、最後は右飛。2打席目は右腕・鈴木の前に三ゴロ。復帰初戦は2打数無安打だったが、坂本は「打つ方に関しては全然大丈夫です。DHという形でしたが、試合に出られて良かったです」と振り返った。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請