エンゼルスが接戦制す 大谷翔平は米ワーストタイ4三振、イチロー超えお預け…あすはWヘッダー

スポーツ報知
8回、内野安打で出塁した大谷翔平(カメラ・泉 貫太)

 ◆米大リーグ マリナーズ3―4エンゼルス=延長10回=(5日・シアトル=Tモバイルパーク)

 エンゼルス・大谷翔平投手(28)が5日(日本時間6日)、敵地・マリナーズ戦に「2番・指名打者」でスタメン出場。3打席連続三振を喫するなど5打数1安打で、今季最多でメジャー移籍後ワーストタイの1試合4三振を喫した。チームは3点リードで迎えた9回裏にトレードで加入したチャベスが追いつかれたが、延長10回にウォードの右犠飛で勝ち越し。10回裏はハーゲットが締めくくった。

 大谷は3打席目まで、初対戦だった昨季のサイ・ヤング賞左腕・レイの前に苦戦した。初回1死走者なしの1打席目は、カウント2―2から外寄りの96・7マイル(約155・6キロ)を捉えられずに、空振り三振。1点リードの3回1死一塁の2打席目は、4球連続スライダーにタイミングが合わず3球連続空振りで三振を喫した。6回先頭の3打席目も、外角低めのスライダーに手が出て空振り三振に倒れた。

 1試合で3打席連続三振は、5月20日(同21日)の本拠地・アスレチックス戦以来約2か月半ぶりで、今季6度目。3打席目まではファウルすら1球もなく、見逃しストライク3球、空振りストライク6球と1度もボールがバットに当たらなかった。

 それでもマウンドが2番手右腕・スワンソンに代わった8回1死一塁の4打席目にはラッキーな内野安打。外角低めのスプリットに食らいつき、当たり損ないだった打球がシフトを敷いて誰もいなかった三塁線に転がって内野安打をもぎ取った。2試合連続となる本塁打を放てば、イチロー(マリナーズなど)を超える日本人歴代単独2位のメジャー通算118本塁打となるところだったが、明日以降にお預けとなった。

 チームは初回に2死走者なしからレンヒーフォが左翼線への二塁打で出塁すると、今季初めて4番に入ったアデルが左前適時打を放って1点を先制。その後、レイの前に追加点は奪えなかったが、先発のサンドバルが6回途中3安打無失点と好投すると、6回1死一、二塁から2番手で登板した左腕・ループもイニングをまたいで7回まで無失点で抑えるなどマリナーズ打線に得点を与えなかった。すると1点リードの9回無死一塁で、スタッシが7号2ランを放ってリードを広げた。

 しかし試合は終わらなかった。3点リードで迎えた9回裏。ブレーブスから加入したチャベスがマウンドに上がるも、3安打を浴びて追いつかれた。無死二塁から始まる延長では1死三塁でウォードが右犠飛を放って勝ち越し。大谷は2死走者なしで打席に立ったが、空振り三振に倒れた。

 あす6日(日本時間7日)は、マリナーズと敵地でダブルヘッダーを戦う。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×