【甲子園】集団感染でも72時間以内に全登録選手陰性なら出場可 入れ替えも可能 ガイドライン一部改訂

スポーツ報知
甲子園の開会式で横浜・玉城陽希主将の選手宣誓を行った(カメラ・岩田 大補)

 第104回全国高校野球選手権大会の運営委員会は、6日午前までに臨時の運営委員会を開き、新型コロナ感染拡大予防ガイドラインを一部改定した。大会本部は「集団感染でも、選手の登録変更で対応できる」とした。前検査で陰性の確認が取れていること。または、前検査を受検していない者は、主催者が認めるPCR検査で陰性が確認されることが条件。

 改定後に追加したのは「試合前の72時間以内に、当該チームの登録選手ら全員の陰性が確認された場合、当該試合への出場を認める」、「緊急対策本部にて当該チームの感染拡大に歯止めがかかり、かつ感染拡大防止措置が講じられていることを認められた場合、一部の登録選手らを入れ替えることができるものとする(入れ替えで登録される選手は試合前72時間以内に陰性の確認がとれていなければならない)」。

 改定したのは「代表校の大会参加可否の判断基準」の部分で、緊急対策本部が集団感染と判断した場合。改定前は「試合日程の変更で対応できる場合は、当該試合の日程を変更することもある」だった。

 県岐阜商(岐阜)、浜田(島根)、帝京五(愛媛)、有田工(佐賀)、九州学院(熊本)の5校は集団感染と判断され、九州国際大付(福岡)は複数の体調不良者が確認されている。5校のうち、県岐阜商は最も早い第4日第4試合で社(やしろ、兵庫)と対戦する。大会本部によれば、同校からガイドランについての質問はあったものの、変更の要望はなかったという。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×