【甲子園】3年ぶりの一般有観客も開幕戦は18年から2・4万人減 コロナ禍、値上げも原因か

スポーツ報知
甲子園の開幕戦は空席が目立つ観衆1万8000だった。写真は横浜・玉城陽希主将が選手宣誓した開会式(カメラ・岩田 大補)

◆第104回全国高校野球選手権大会第1日 ▽1回戦 日大三島―国学院栃木(6日・甲子園)

 3年ぶりに入場制限がなく、一般の観客を入れて夏の甲子園が開幕した。

 降雨の影響で午前9時からの開会式は30分遅れ、第1試合の観客は1万8000人。コロナ禍以前の19年の開幕戦(2万8000人)からは1万人、第100回の記念大会だった18年の開幕戦(4万2000人)からは2万4000人も減少した。新型コロナウイルスの感染が急拡大しており、スタンドには空席が目立った。

 今大会から、中央指定席は2800円→4200円、一、三塁側指定席(大人)は2000円→3700円、同(子ども)は800円→1200円、アルプス席は800→1400円、外野指定席(大人)は500→1000円、同(子ども)は100→500円に値上げ。影響は少なくないと見られる。

◇最近の開幕戦の入場者(人)◇

10年 3万9000

11年 3万9000

12年 3万

13年 4万1000

14年 4万7000

15年 3万5000

16年 4万3000

17年 3万3000

18年 4万2000

19年 2万8000

20年 (中止)

21年 (無観客)

22年 1万8000

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×