土曜新潟競馬場の注目激走馬…新潟11R新潟日報賞

スポーツ報知

新潟11R新潟日報賞・馬トク激走馬=テーオーラフィット

 現在のダート王テーオーケインズの半妹(父リオンディーズ)。2戦目のダートで勝ち上がりも、その後、函館の芝で連勝し、地力の高さを示した。血統的な期待感にあらがえず前走は1戦1勝のダートに投入されるも、11着。やはりこの馬の適性は芝だろう。

 3歳時に騎乗していた池添騎手が「緩いが素質はいいものがある」と早くから評価していた素材。現級最上位クラスのディヴィーナ、ライティアと競り合って3着の豊橋ステークス(中京)の走りから、左回り、広いコースとも合う。外厩・チャンピオンヒルズから帰厩2戦目でコンディションは順当に上昇。前進気勢旺盛なタイプだけに、初の1400メートルもプラスに働く。

勘や主観的なものに頼らず、客観的なデータを元に競馬を予想すると、的中率、回収率が大幅に改善します。今週のレースも馬トクの客観的なデータで攻略しましょう。ご購入は下記リンクから。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×