池上彰氏、「原爆の日」に広島で思うこと…「どうすれば被爆者の被爆体験を次の世代に伝えていくか」

スポーツ報知
日本テレビ

 ジャーナリストの池上彰氏が広島に原爆が投下されてから77年を迎えた6日、日本テレビ系「ウェークアップ」(土曜・午前8時)で広島市の平和記念公園からの生中継に出演した

 原爆が投下された8時15分の黙とうを終えた後に池上氏は「毎年8月には広島を訪れて、特に被爆者からいろんな話を伺ってきたんですけれど、その被爆者の方が次々にお亡くなりになっているんです。被爆者の平均年齢も84歳を超えてしまうことになりました」と明かした。

 続けて「そうした高齢者の方から話が聞けなくなってしまう。どうすれば被爆者の被爆体験、あの悲惨な体験を次の世代に伝えていくのかがますます大きな課題になっています。それを担おうとする若者たちが出てきているのも心強いことでもあります」と述べていた。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請