徳光和夫さん、夏の甲子園で集団感染となった県岐阜商の出場を切望…「救済措置を大人たちが真剣に考えてもらいたい」

スポーツ報知
徳光和夫アナ

 フリーアナウンサーの徳光和夫さんが6日、パーソナリティーを務めるニッポン放送「徳光和夫とくモリ!歌謡サタデー」(土曜・午前5時)に生出演した。

 番組では、6日に開幕する第104回全国高校野球選手権大会の開会式でチーム全員が参加する予定だった入場行進を、主将のみで行うことを報じた。

 集団感染と判断された学校は、浜田(島根)、帝京五(愛媛)、有田工(佐賀)、九州学院(熊本)だったが5日に新たに県岐阜商が18人のメンバーのうち4人と補助員3人が新型コロナウイルスに感染し、集団感染と判断された。同校は、第4日第4試合で社(兵庫)と対戦する。

 抽選後の日程変更について大会本部は「何らかのことでできることは本当にないのか。検討しなければならない」と緊急対策本部の会議を開き試合出場へ模索中であることを発表した。

 徳光さんはこうした事態に「世の中全体が野球だけでなくてウイズコロナですから。そういう意味でも何とか救済措置を大人たちが真剣に考えてもらいたい」とコメントした。

 続けて「甲子園は夢だけでなく彼らにとりましてある意味、スタートラインなんです。プロ野球へ行く人ですとか社会人になるとかそういった人たちにとりましてスタートラインです高校野球は」と明かしていた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×