徳光和夫さん、5打席連続本塁打の村上宗隆を絶賛「生きているうちにこの新記録を目の当たりにするとは」

スポーツ報知
徳光和夫さん

 フリーアナウンサーの徳光和夫さんが6日、パーソナリティーを務めるニッポン放送「徳光和夫とくモリ!歌謡サタデー」(土曜・午前5時)に生出演した。

 番組では、2日のJERAセ・リーグでヤクルトの村上宗隆内野手が中日戦(神宮)で5打席連続本塁打のプロ野球新記録を達成したことを報じた。

 徳光さんは「村上の“上”の字は神様の“神”になっちゃったからね」と明かし「大げさな話でなくて私もまさか生きているうちにこの新記録を目の当たりにすることができるとは思ってなかった」と絶賛した。

 さらに本塁打を広角に打ち分けていることを明かし「こんなバッターは私の知る限りは落合(博満)選手と西武時代の清原(和博)選手ぐらいしかいないんじゃないかな」と評した。また「背番号が55番ですけど松井(秀喜)さんの55から村上の55になったかもしれません」とした。

 続けて「一番素晴らしいと思ったのは、村上はドラフトの時はキャッチャーで指名された。だけどヤクルトは村上を取ってから一度もキャッチャーをさせていない。すぐに三塁手とファーストベースの練習をさせてバッティングに専念させた。この球団の方針がすごい。それが今日に結びついている」と球団も絶賛していた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×