【巨人】原辰徳監督、快投で2勝目の堀田賢慎は「まあ次ね。次がとても大事でしょうね」

スポーツ報知
7回、選手の交代を終えベンチに戻る原辰徳監督(カメラ・中島 傑)

◆JERAセ・リーグ ヤクルト5―9巨人(5日・神宮)

 巨人の堀田賢慎投手(21)が首位・ヤクルト相手に自己最長となる7回2安打1失点の快投で、3月31日以来、約4か月ぶりの2勝目を挙げた。主砲・村上を3打数無安打1三振と完璧に封じ、流れを呼び込んだ。コロナ禍による活動停止明けでは初、約1か月ぶりとなる連勝を飾り、4位に浮上した。

 * * * *

 ◆原監督に聞く

 ―打線が効率的に点数を重ねた。大城の左中間へ運ぶ先制弾も見事だった。

 「そうだね。もちろん、もちろん」

 ―堀田が7回1失点のすばらしい投球を見せた。

 「ねえ。あの回(2回)、1点で抑えたところが大きかったね。その後はなんか落ち着きが出てきた感じだね。まあ次ね。次がとても大事でしょうね」

 ―村上を3打数無安打に抑えたのは、自信にしていい結果か。

 「まあ、どういうふうに俺が表現していいか分からないんだけども。次がとても大事だね」

 ―大勢が2軍でシート打撃に登板。1軍復帰へステップを踏んだ。

 「と思いますよ」

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請