【巨人】大城卓三「堀田のために」先制2ラン 巨人捕手阿部以来 2年連続10号王手 

2回2死一塁、左中間へ2ラン本塁打を放つ大城卓三(カメラ・今成 良輔)
2回2死一塁、左中間へ2ラン本塁打を放つ大城卓三(カメラ・今成 良輔)

◆JERAセ・リーグ ヤクルト5―9巨人(5日・神宮)

 巨人の堀田賢慎投手(21)が首位・ヤクルト相手に自己最長となる7回2安打1失点の快投で、3月31日以来、約4か月ぶりの2勝目を挙げた。チームは2回に大城卓三捕手(29)の9号2ランで先制。さらにグレゴリー・ポランコ外野手(30)の2発を含む4安打3打点など、13安打で9得点。コロナ禍による活動停止明けでは初、約1か月ぶりとなる連勝を飾り、4位に浮上した。

 * * * *

 大城が力で押し返した。0―0の2回2死一塁から、小川の外角143キロを捉えた。「打ったのは直球です。堀田のためにも早く点を取ってあげたかったので、先制できてよかったです」。左中間席へ飛び込む9号2ランは、先制V弾となった。巨人の捕手では阿部慎之助以来となる2年連続2ケタ本塁打に王手をかけた。

 7月20日に新型コロナ陽性判定を受けた。隔離期間中のトレーニングは素振りなどメニューが限られたが、療養が明けると急ピッチで体を仕上げた。チームがペナントレースを再開した2日は、大城は3軍に合流して日体大とのプロ・アマ交流戦(G球場)に出場。コンディションの最終チェックを済ませた。3日に1軍登録され、そのまま同日の阪神戦(東京D)からはスタメン復帰。戦列に戻り3戦で3安打3打点とブランクを感じさせず、リードでも堀田の2勝目をアシストした。

 中継ぎ陣に多数のコロナ陽性者が出た影響で、ブルペンは2軍メンバーも動員して固めている。この試合は8点リードの9回に戸田がつかまり、4点差まで迫られた。守護神・大勢の復帰は近そうだが、終盤のディフェンス力は攻撃力でカバーするしかない。(尾形 圭亮)

試合詳細

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請