【オリックス】逆転3ランのラオウ杉本裕太郎、イベント特典のボブルヘッドと「一緒に寝てください」

スポーツ報知
6回無死二、三塁、杉本裕太郎が左越えへ逆転3ランを放ち、ベンチに向かってバットを突き出した(カメラ・岩崎 龍一)

◆パ・リーグ オリックス5―2日本ハム(5日・京セラドーム大阪)

 オリックス・杉本裕太郎外野手(31)はバットを持ったまま、余韻を楽しんだ。1点を追う6回だ。中川圭、吉田正でつくった無死二、三塁の絶好機。「内角のツーシームと、どっちも対応できるように」と思い描き、ポンセの初球チェンジアップを一発で仕留めた。

 左中間席へ放り込んだ6試合ぶりの本塁打は、逆転の14号3ラン。「今年3番目ぐらいですかね」と手応えはバッチリだ。今季初の日本ハム戦での一発。初の本塁打王に輝いた昨季に続き、2年連続でパ5球団全てから本塁打を放った。

 この日から恒例イベント「Bs夏の陣」が始まり、日本ハム3連戦では自身の首振りフィギュア「ボブルヘッド」付きチケットが限定販売。お立ち台では、ちゃっかり人形を持ち出し「ゲットした方は、僕のボブルヘッドと一緒に寝てください」とファンの笑いを誘った。

 明るく振る舞う一方で、好不調の波とも向き合ってきた。2~4日は敵地で首位・西武に3連敗。計12打数1安打と仕事ができなかった。「ちゃんと(バットに)当たらないのが最大の課題。もっと突き詰めていかないと」と夏場も欠かさないのが筋力強化。「ここで打つんだぞ」と腹部や下半身に刺激を入れ、打撃の確実性向上につなげようと懸命だ。

 連敗を3で止め、ビッグボスには5連勝。中嶋監督も「クリーンアップの3連打。チームに勇気が出る」と中軸の決定力を喜んだ。首位との4ゲーム差は変わらなかったが、まだまだもつれそうなパ・リーグ。ラオウの大アーチが、逆転連覇の夢を乗せる。(長田 亨)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×