棚橋弘至、EVIL撃破でG1ブロック単独首位3勝目 内藤哲也はヘナーレ下し2勝…新日・愛媛大会全成績

スポーツ報知
難敵・EVILを撃破。ブロック単独首位の3勝目を挙げ「愛してま~す!」と絶叫する棚橋弘至(新日本プロレス提供)

◆新日本プロレス「G1 CLIMAX 32」大会(5日、愛媛・アイテムえひめ、観衆1132人)

 真夏の最強シングル決定戦「G1」ブロック戦で、4年ぶり4度目の優勝を目指す棚橋弘至が難敵・EVILを撃破。ブロック単独首位の3勝目を挙げた。

 激闘の末、グラウンドコブラツイストで3カウントを奪った棚橋は愛媛の地で勝利の儀式のエアギターを披露。「愛してま~す!」の決めゼリフで大会を締めくくった。

 3度目のG1優勝で完全復活を狙う内藤哲也はアーロン・ヘナーレを下し、開幕2連敗から星を五分に戻した。

 優勝候補の一角のジェフ・コブはジョナとのスーパーヘビー級対決に敗れ、痛い2敗目を喫した。

 タイチはチェーズ・オーエンズ、高橋裕二郎もジュース・ロビンソンを下し、共に2勝目を挙げた。オーエンズとジュースは3敗目となり、ブロック勝ち抜けが絶望的となった。

 ▽タッグマッチ20分1本勝負

 〇タマ・トンガ、邪道(6分42秒 シャープシューター)デビッド・フィンレー、藤田晃生●

 ▽タッグマッチ20分1本勝負

 〇グレート―O―カーン、ウィル・オスプレイ(7分26秒 大空スバル式羊殺し・ルーナ)トム・ローラー、ロイス・アイザックス●

 ▽6人タッグマッチ20分1本勝負

 〇SANADA、鷹木信悟、BUSHI(7分46秒 Skull End)ランス・アーチャー、ザック・セイバーJr.、TAKAみちのく●

 ▽10人タッグマッチ20分1本勝負

 〇矢野通、オカダ・カズチカ、YOSHI―HASHI、石井智宏、後藤洋央紀(9分06秒 横入り式エビ固め)KENTA、ジェイ・ホワイト、バッドラック・ファレ、エル・ファンタズモ、外道●

 ▽「G1 CLIMAX 32」Dブロック公式戦30分1本勝負

 〇高橋裕二郎=2勝2敗、勝ち点4(11分36秒 BIG JUICE→体固め)ジュース・ロビンソン●=1勝3敗、勝ち点2

 ▽同Bブロック公式戦30分1本勝負

 〇タイチ=2勝1敗、勝ち点4(13分25秒 ブラックメフィスト→片エビ固め)チェーズ・オーエンズ●=1勝3敗、勝ち点2

 ▽同Cブロック公式戦30分1本勝負

 〇内藤哲也=2勝2敗、勝ち点4(17分31秒 デスティーノ→片エビ固め)アーロン・ヘナーレ●=1勝3敗、勝ち点2

 ▽同Aブロック公式戦30分1本勝負

 〇ジョナ=2勝1敗、勝ち点4(14分50秒 トーピード→片エビ固め)ジェフ・コブ●=2勝2敗、勝ち点4

 ▽同Cブロック公式戦30分1本勝負

 〇棚橋弘至=3勝1敗、勝ち点6(19分01秒 グラウンドコブラツイスト)EVIL●=1勝2敗、勝ち点2

格闘技

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×