福本豊氏、後ろ盾・大山悠輔を失った佐藤輝明への試練「決めると思うほど術中に…」ロハスの緩慢守備も苦言

スポーツ報知
4回無死、中飛に倒れた佐藤輝明(カメラ・渡辺 了文)

◆JERAセ・リーグ 広島2―3阪神(5日・マツダスタジアム)

 大山という後ろ盾を失い、佐藤輝には「我慢」と「思い切り」のバランス感覚が求められている。初回は1ボール2ストライクから大瀬良の内角直球を見逃し、続くフォークを拾って先制犠飛にした。一方、2、3打席目は高めの直球に手を出して飛球。9回は森浦の低めの変化球に手を出し、三振に倒れた。

 相手バッテリーからすれば、後ろに大山がいない分、四球覚悟の大胆な攻め方が可能だ。佐藤輝も昨季からボール球を見極められるようになりつつあるが、「俺が決める」と思うほど、術中にはまる。大山不在の間は打線は粘り強くつなぎ、投手陣が最少リードを守っていくしかない。

 緊急昇格したロハスは、見事な本塁打だったが、4回の秋山の二塁打、小園の三塁打への対応は送球も緩慢だし、チャージも遅い。守備力を考えれば、先発起用に疑問符が付く。佐藤輝を外野、糸原を三塁に回し、二塁に小幡、木浪らを置く布陣も視野に入れるべきだ。(スポーツ報知評論家・福本 豊)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×