【西武】辻監督「素晴らしかった」サヨナラ弾の川越誠司を絶賛 場内は「青雲の歌」「時の流れに身を任せ」で祝福

スポーツ報知
辻発彦監督(カメラ・小泉 洋樹)

◆パ・リーグ 西武4―3ロッテ=延長10回=(5日・ベルーナドーム)

 西武は3―3の10回、先頭の川越誠司外野手がロッテの4番手・佐々木千から右中間にサヨナラ本塁打を放った。

 辻監督は試合後、「素晴らしかった」と絶賛した。

 ヒーローインタビューが行われた試合後の場内は照明が落とされ、川越の登場曲「青雲の歌」と「時の流れに身をまかせ」のBGMが流れる幻想的な雰囲気となって勝利を祝福した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×