【ソフトバンク】2日で計17人の投手つぎ込む執念の継投 過酷な移動試合制して2位浮上

スポーツ報知
ソフトバンク先発の杉山一樹

◆パ・リーグ ソフトバンク7―3楽天(5日・福岡ペイペイドーム)

 ソフトバンクが楽天との直接対決に勝利し、2位に浮上した。

 初回。デスパイネの適時二塁打で先制。さらに2死満塁からこの日1軍復帰した松田が適時内野安打を放ち、2点のリードを奪った。1―2の5回にはデスパイネ、中村晃が2者連続弾。これまで通算8試合で一度も土をつけられなかった“天敵”の楽天・滝中から白星をつかんだ。

 投げては新型コロナ陽性の千賀に代わって緊急先発した杉山が5回途中6安打1失点で何とか粘ると、2番手・松本から9回を締めた甲斐野まで8人の継投で楽天から逃げ切った。

 チームはこの日、札幌から昼過ぎに福岡に到着する移動試合。4日には日本ハムと今季最長4時間57分の死闘の末、今季2度目の引き分け。9投手を使ったが、藤本政権では初めて3位に転落していた。それでも、ハードな日程を乗り越えて再び2位に。2日で計17人の投手を使う藤本監督の執念が実った。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×